どんなメリットがあるの?

要件を満たす支援提供を行ったIT専門家(ランサー)に対して、最大3,500円/時間(税込)の謝金が事務局から支払われます。謝金分を割引きした金額で中小企業(クライアント)に提案すると、中小企業側の負担額が軽減し、ランサー選定を優位に進めることも可能です。

※IT専門家の時間単価は、中小企業とIT専門家の契約により決定されます。
※中小企業の実費負担が最低500円/時間(税込)以上あることが謝金支払いの要件になっています。

クライアント 1,500円 × 40時間 = 60,000円(ランサーズ上で支払う金額) ランサー 48,000円(ランサーズ上で受け取る報酬額)※手数料差し引き後  + 3,500円 × 40時間 = 140,000円(謝金として受け取る金額) 合計 188,000円 ※全て税込金額です クライアント 本来17万円の報酬 報酬 48,000円 ランサー 謝金140,000円 事務局 合計 188,000円の受取 クライアントの支払いは大幅割引 ランサーの報酬はアップ

どんなお仕事が対象?

中小企業のデジタル化課題の分析・把握・検討​や、IT導入に向けた支援(例:テレワーク、Web会議、ECサイト、キャッシュレス決済、セキュリティ強化等)、幅広いデジタル化関連のコンサルティングが対象​です。詳しくは、事業サイトをご確認ください。

お仕事の一例

  • 売上拡大のために、ECサイト分析を行いサイト改善のアドバイスやサポートをしてほしい。
  • Web会議を主催したいが、全く知識がない。1からレクチャーしてほしい。
  • 予約システムの導入を検討している。ツールの選定や、導入・運用コストの算出をお願いしたい。
  • SNS運用を検討しているが、ノウハウがない。他社の事例を含め、色々教えてほしい。
  • 給与計算や勤怠管理を紙で行っているが、Webで行えるようにしたい。

制度を利用できる条件

本制度の利用には、利用登録申請、支援計画の提出、業務委託契約の締結、支援提供ごとの報告など様々な規定があります。また、本制度を利用できる条件など、詳しくは事業サイトをよくご確認いただきますようお願いいたします。

支援を始める

まずは対象となる依頼を探しましょう。この制度を知らないクライアントには、ぜひメリットを伝えて提案してみてください。過去にお仕事をしたクライアントへメッセージでヒアリングしてみるのも一つの方法です。

公開依頼から探す

デジタル化課題の分析・把握・検討や、IT導入に関するお仕事をさがしましょう。クライアントに制度のメリットを説明し、利用をおすすめしてみてください。

直接依頼をアピール

過去に依頼を受けたクライアントや、あなたのプロフィールを見たクライアントへ、制度のメリットを伝え、直接依頼をしてもらえるようアピールしてみましょう。

手順

ランサーズで依頼を作成してから、謝金の受け取りまでの基本的な流れです。制度のご利用には、中小企業(クライアント)・IT専門家(ランサー)それぞれ利用登録が必要になります。事務局の各種確認には1〜3営業日を要することがあるため、依頼の進行は余裕を持っておこなってください。
クライアント(中小企業)
ランサー(IT専門家)
ランサーズプラットフォームでマッチング(プロジェクト方式)
事業の対象となる依頼の作成〜成約を行います。
制度利用の同意
メッセージやワークスペースを利用し、制度を利用することをクライアント・ランサー間で同意してください。
中小企業登録・利用規約同意
事業サイトのフォームから行えます。登録内容の確認には1〜3営業日かかります。
※「紹介者、団体等」の項目で必ず「ランサーズ株式会社」をお選びください。
IT専門家登録・利用規約同意
事業サイトのフォームから行えます。登録内容の確認には1〜3営業日かかります。
※「紹介者、団体等」の項目で必ず「ランサーズ株式会社」をお選びください。
登録完了
相談案件の登録・申請
事業サイトのマイページから相談案件を登録してください。審査OKとなったらIT専門家(ランサー)に相談案件ID等の案件情報を伝えて、支援計画の提案を依頼してください。
※詳しい手順は手引書(7.相談案件の登録)をご確認ください。
支援計画の提案
事業サイトのマイページから中小企業が作成した相談案件を選んで支援計画を提案してください。「相談案件を探す」から、中小企業(クライアント)が登録した相談案件を検索することができます。案件情報は中小企業者にお聞きください。
※詳しい手順は手引書(7.支援計画の作成)をご確認ください。※「マッチング経路」の項目で必ず「マッチングパートナー」にチェックを入れ「ランサーズ株式会社」をお選びください。
支援計画の合意
IT専門家が提案した計画について、中小企業・IT専門家間で協議し、支援計画を決定します。中小企業が支援計画詳細画面から「合意する」をクリックすると事務局が支援計画の審査を行います。
支援計画の審査完了
業務委託契約の締結
事業サイトのマイページから、中小企業者、IT専門家それぞれがシステム上で契約締結を承諾することで業務契約締結を完了します。
業務委託契約の受理
支援開始(お仕事を開始します)
ステップごとに、開始時・終了時、中小企業(クライアント)とIT専門家(ランサー)が写っている写真が必要です。
オンライン支援の場合はリモート会議等の場面を撮影してください。
支援完了(ランサーズで支払い確定)
IT専門家(ランサー)から完了報告がきたら、支払いを行ってください。
支援完了(ランサーズで完了報告)
ステップが完了したら、ランサーズ上で完了報告をします。
支援報告書・写真の提出
中小企業(クライアント)から支払い完了通知があったら、支援報告書、開始時・終了時の写真を事業サイトのマイページから登録します。
※原則完了報告から10日以内に提出してください。計画が遅延する場合は支援遅延報告書により報告する必要があります。
複数ステップがある場合は、支援・報告を繰り返します。
最後のステップの支援完了
(ランサーズで支払い確定)
IT専門家(ランサー)から完了報告がきたら、支払いを行ってください。
最後のステップの支援完了
(ランサーズで完了報告)
ステップが完了したら、ランサーズ上で完了報告をします。
最終支援実施報告
中小企業(クライアント)から支払い完了通知があったら、支援報告書、開始時・終了時の写真を事業サイトのマイページから登録します。最後のステップの場合は、これまでのステップの全ての支払い金額がわかる画面のキャプチャを撮り、併せて提出してください。※原則完了報告から10日以内に提出してください。計画が遅延する場合は支援遅延報告書により報告する必要があります。
事務局から請求内容の確認
謝金受け取り

制度についての疑問・お問い合わせ

中小企業デジタル化応援隊事業に関するFAQ

FAQに記載のないお困りごとやお問い合わせはこちらのフォームからお問い合わせください。
※ランサーズの機能に関するお問い合わせは受け付けておりません。ランサーズお問い合わせ窓口までお問い合わせください。

制度のご利用に関するランサーズプラットフォームでの疑問・お問い合わせ

制度のご利用に関するランサーズプラットフォームでのお困りごとやお問い合わせはこちらのフォームからお問い合わせください。
※制度に関するお問い合わせは受け付けておりません。事業お問い合わせ窓口までお問い合わせください。